《暴れ回るフェロキドン》禁止解除!! 環境への影響は?

未分類
この記事は約2分で読めます。

禁止制限告知

2019年8月26日付けで公式サイトにおいて、スタン、モダン、ヴィンテージの各フォーマットでの禁止制限が告知されています

2019年8月26日 禁止制限告知|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト
世界中で2千万人を超えるプレイヤーとファンを持つ世界最高の戦略トレーディングカードゲーム、マジック:ザ・ギャザリングの日本公式ウェブサイト。

2018年1月19日から禁止されていた《暴れ回るフェロキドン禁止解除です!!(規定通り、『エルドレインの王権』でのスタン落ちはします )

暴れ回るフェロキドン

『基本セット2020』で現れた《風景の変容》と「オルゾフ吸血鬼」という環境トップの人気デッキたちと、赤系のアグロデッキや「ジャンド恐竜」といったデッキたちが戦う選択肢を与えたかったとのことです。

エスパーコンも《ケイヤの誓い》で落とせるけど、その際はゲインができないので、ご注意ください

ケイヤの誓い

禁止解除はアリーナ上で9月4日から(BO3のみ解禁<-BO1においては赤系アグロは活躍しているため)

『ジャンド恐竜』が環境にまた入ってくるかも?

現環境のスタンはコンボデッキだらけであまりいい環境ではなかったので、スタン落ちまでの短い期間ですが、この禁止改定で良環境になってほしいです

賛否両論あるとは思いますが、 個人的には色んなデッキが活躍するのを阻害している3マナテフェリーを禁止にして欲しかったです…(3テフェがいるから活躍するデッキもありますが)

未分類
ramuzaをフォローする
MTGアリーナ デッキ紹介サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました