『エルドレインの王権』プレビュー 個人的に気になったカード紹介 “5/8”

エルドレインの王権
この記事は約10分で読めます。

Part5やっていきます。”多色”と”土地”編です

  • 《湖での水難》
湖での水難

使うデッキが選びますが、めちゃくちゃ強いですね

カウンター呪文の課題である一回出されると、触れないという弱点がありません

ライブラリーアウトデッキと抜群に相性が良いですね

《夢を引き裂く者、アショク》は追放してしまうので、使用できません

夢を引き裂く者、アショク

《思考崩壊》などをはじめととしたライブラリアウトカードと合わせることで、最強の対処呪文に変貌します

思考崩壊

《永遠神の投入》などとももちろん相性が良いです

永遠神の投入

今回のエキスパンションには《空想の書物》があります。公式がライブラリアウト推しな気がしますね

空想の書物
《思考崩壊》を構えながら動きがなかったら
3マナでエンド時起動できるのはナイス
  • 《予言された壊滅》
予言された壊滅

サクリを強要なので、呪禁持ちや、プロテクションぐるぐるしてくるフェザーなどにも有効ですね

置物と言えばの3テフェに戻されても、基本的に1枚はサクリ強要しているのがポイント高めです

サクリ対象はトークンではいけないので、《療養所の骸骨》は流石に弱いですが、毎ターンサクれる、タダのクリーチャーは欲しいですね

療養所の骸骨

4マナと重いにも関わらず、優勢な時は圧力をかけれるのでいいですが、劣勢の時にあまり仕事してくれなさそうなのは残念。あんまり使われないかな

  • 《僻境への脱出》
僻境への脱出

クリーチャーデッキ寄りになりやすいグルールカラーの5マナソーサリーとしてはテンポロスが激しすぎます

比べるカードが違うような気もしますが、これを入れるのであれば、ダメージのおまけつきである《炎の職工、チャンドラ》の方が私は好きですね

炎の職工、チャンドラ
  • 《フェイ庄の古老》
フェイ庄の古老

このカード自身が2色持っているので、2マナは確実に生めます

セレズニアやバントのランプに良いのではないでしょうか

ブン回れば、1ターン目《金のガチョウ》から2ターン目こいつで3ターン目にはニッサが出ます

世界を揺るがす者、ニッサ
3ターン目ニッサはほぼ勝つ

ラノエルがスタン落ちの影響で、1,2ターン目マナクリからのニッサという黄金ムーブが使えないのでこれは使われるかもしれません

  • 《呪われた狩人、ガラク》
呪われた狩人、ガラク

む~強い。+がないとはいえ、+0でクリーチャーを2体生み出せるのはひじょーーに偉いです

マナコスト的に《戦慄衆の将軍、リリアナ》とどっちを使うかですね

戦慄衆の将軍、リリアナ

リリアナの”サクリ”も非常に優秀なので、難しいですが、環境次第と言わざるを得ないでしょう

PVでクッキーをむしゃむしゃ食っているだけあって、余裕の強さです

地味にトークンが”狼”なので、狼シナジーも??

  • 《鼓舞する古参》
鼓舞する古参

騎士ロード、他に言うことなし

  • 《メア湖の海蛇》
メア湖の海蛇

3回殴れば、勝てるので、大体ケフネトか《永遠神の投入》の軍団トークンしか存在しなかったディミーアコントロールのフィニッシャーになれます

永遠神ケフネト

ディミーアのメカニズム、“諜報”とも非常に相性がいいです

思考消去
ディミーアのエースカード
2ターン目《思考消去》はブン回り

ディミーアコントロールは序盤の波を乗り越えると、お互いに見合う展開に多くなりがちだったので、面白いカードだと思います

瞬速は偉い!!正義

  • 《マラリーフのピクシー》
マラリーフのピクシー

2マナ2/2飛行にマナ出しと強い要素満載ですが、私はあんまり好きではないですね

青緑なので、100%2ターン目出せるとは限らず、《ショック》で落ちてしまうからです。3テフェでバウンスもめちゃくちゃ痛いですね

時を解す者、テフェリー

2マナのマナクリならば、マナ拘束もきつくなく、マナクリとして1回は確実に仕事ができる《楽園のドルイド》の方が私は好きです(個人の意見です)

楽園のドルイド

“フェアリー”デッキが組めるのであれば、何も文句はありません

  • 《王冠泥棒、オーコ》
王冠泥棒、オーコ

はい、強い。

《金のガチョウ》から2ターン目出て、めちゃくちゃにしそうな予感がします

3マナで忠誠値が4あって、プラスで6、もしくは5硬すぎ

+1で相手のケフネトなどの厄介なクリーチャーをバニラにできるのもせこい

永遠神ケフネト
オーコにバニラにされる
永遠神、かわいそう

一番最初に環境を支配するデッキに入っていそうなカードです

食物トークンを活かすカードは《金のガチョウ》以外に欲しいですね

3マナでプラスをどんどんしていくのは3マナソリンで強さを証明済みです

これも大暴れするでしょうね

  • 《荒くれたちの笑い声》
荒くれたちの笑い声

出すトークンを選べないとはいえ、全部速攻を持っているのは偉いです

2体出れば、及第点の仕事はしていると思うのでそう思うと強い気がします

スタッツが貧弱とはいえ、毎ターン横並びしていくので、全体強化などでフィニッシュできそうです

《栄光の好機》で追加ターンを得て、

栄光の好機

《英雄的援軍》でフィニッシュと思いきや、お前スタン落ちかーい

英雄的援軍

重いエンチャントは、3テフェのエサなので、出た時に、何かしらのトークンが出れば、めちゃ強でしたね。

1/1さえいれば、3テフェはただのキャントリと化すので、出す前に場を作れるデッキならば、優秀なカードになりそうです。伝説でないのも手札で被った時悲しくならないのでナイスです

使ってみないといまいち強さはわかりませんね

  • 《王家の跡継ぎ》
王家の跡継ぎ

多分みんな思ったと思います。「えっ硬すぎない?!。。」と

アドを稼ぐことはできず、あまり優秀な能力を持っていませんが、硬さは正義!!

ディスカードと相性が良いデッキがよさそうです

マナシンボルから簡単に思いつくところですと、《イゼットフェニックス》ですかね。

孤光のフェニックス

単体で非常に相性がいいのは《戦慄衆の秘儀術師》ですね

戦慄衆の秘儀術

ディスカードで唱えたい呪文を落とせる上、パワーアップで3マナ以下を唱えることが出来ます

オーコのようにわかりやすく強くはないですが、使われたら、硬すぎて非常にウザいカードでしょうね

  • 《抜け目ない狩人》
抜け目ない狩人

基本的に攻撃するたびのようなカードは低く評価しているのですが、このカードはタップする必要なく、食物2つがワンドローになるので、ワンちゃんあると思います

食物を序盤に持て余すようなデッキで色が合うならば、入れてもいいのかなと思います。そのようなデッキができるのかどうかはまだわかりませんが

  • 《冬荒野の指揮官》
冬荒野の指揮官

接死がついているので、攻撃に向かいやすく他の騎士に破壊不能を付けれるので、その対象の騎士もアタックにいきやすくなるという良いカードだと思います

激戦の騎士2マナ域に入っていけるのか、ギリ入れなそうです

  • 《欲深い衝動》
欲深い衝動

全パターンのアンコモン2色4マナサイクルの中で唯一強そうなカード

4マナと重いですが、手札を見れるうえ、好きなカードを自分のカードとして使っていいというのはとてつもなくダークサイドなカードです。手札に大したカードがなかったら墓地も漁りに行くというのがさらに闇が深い。

対戦相手のカードを使うというのは、対戦相手にとてつもなく大きな精神的ダメージを与えられるので、書いてあること以上に強く感じるカードだと思います。

正気泥棒
1枚とられるだけで名前通り、
正気が保てなくなる
  • 《屋敷の踊り》
屋敷の踊り

世にも珍しいアーティファクト、エンチャントリアニカード

このカードのためだけに、エンチャントやアーティファクトを墓地に肥やし続けるというのはデッキとしては残念過ぎるので、基本的には弱いと思います

しかし、ロマンあるカードなので、使いたいカードではありますね

《平和な心》や《カズミナの変成》などで序盤を耐えて

平和の心

《一族の暴行》で一気に墓地に落とし、クリーチャー化した後、それらをリアニするというデッキが考えられますが、弱そうです

一族の暴行

エスパー寄りのアーティファクトデッキならばワンちゃんあるかもしれません

まずキーカードは《願い爪のタリスマン》があるので基本的に持ってこれそうです

願い爪のタリスマン

《大いなる創造者、カーン》によってタリスマンは使わせずに、好きなアーティファクトを持ってきます

大いなる創造者、カーン

重めのXで使う場合、盤面にはさわりたいうえ、被った場合自発的に墓地に落ちることが出来る《ケイヤの誓い》はアーティファクトでないとはいえ、間違いなく入れておきたいです

ケイヤの誓い

墓地肥やしも兼ねる《湖に潜む者、エムリー》とは相性がよさそうです

湖に潜む者、エムリー

《橋の主、テゼレット》でなんとなくフィニッシュ!!

橋の主、テゼレット

《人知を超えるもの、ウギン》もいるので、めちゃくちゃ弱くはならなそう

人知を超えるもの、ウギン

今回紹介した《予言された壊滅》も自身がエンチャントであり、用済みのアーティファクトたちをサクり対象にして、墓地に送れるので相性いい?

予言された壊滅

《ギルド球》や《報復のワンド》などのCIP持ちや墓地に行ったときに効果があるアーティファクトをサクリたい

ギルド球
報復のワンド

いろいろ考えましたが、デッキがごちゃごちゃになりそうなので、環境が始まってからデッキを組んでみてまた考えようと思います

  • 《魔女の小屋》
魔女の小屋

スタン落ちしてしまう《愚蒙の記念像》みたいなカードですね

愚蒙の記念像

デッキトップな上に、条件付きなので全然強くはないです。

黒単であれば、”置いても良い”という選択できるテキストなので、1枚ぐらいいれてもいいかもしれません。《夜の騎兵》は純粋に強いですしね

夜の騎兵
BO1で無類の強さを誇る騎兵君
  • 《のどかな農場》
のどかな農場

白単ウィニーが次の環境でアーキタイプとして存在するのかは不明ですが、これは入れませんね

白単は土地がほんとにシビアなのでタップイン可能性のあるこの土地を入れるのがとてもリスキーだからです

とてもきれいで、イラストアドはとても高いです

  • 《アーデンベイル城》
アーデンベイル城

強いっすね。アンタップイン条件がとても緩いのでナイスです

起動効果はこのカード自体が土地なので、実質5マナととても重いですが、土地は対処のしようがない(ランデス以外)のでクリーチャーを生み出せるのは偉いです

白単ウィニーとかよりも、コントロールし切って、相手ライフをじりじり詰めたり、手札切れでも決死のチャンプブロッカーを生成したりとコントロールデッキなどの方が相性は良さそうですね

  • 《エンバレス城》
エンバレス城

あんまり強くないですが、アンタップ条件は緩いので赤を使うのであれば、あんまり気にせずに入れていいと思います

今回のエキスパンションで強化されそうな《災厄の行進》デッキで、手札切れでも攻撃宣言後に起動で打点をあげれるので十分に採用する価値があると思います

災厄の行進
  • 《ギャレンブリグ城》
ギャレンブリグ城

基本的に5マナを6マナにしてくれる土地になっていますね

ちょうど1ターン早く《貪るトロールの王》を出せます

貪るトロールの王

《ビヒモスを招く者、キオーラ》と組んで、2マナ増える??

ビヒモスを招く者、キオーラ

《世界を揺るがす者、ニッサ》がある場合、すごいことになりそう(小並感)

世界を揺るがす者、ニッサ

このカード自体が、”森”ではないので、このカードは2マナ出せませんが、このカードが”森”であってもどうにしろ、このカード以外で4マナ以上出せれば、ニッサがいても”森”と同等なので、入れ得?

森3枚=3*2=6マナ 森2枚+ギャレンブリグ城=2*2+(-4+6)=6マナ
森3枚、1枚クリーチャー化=3*2+2=8マナ 森2枚+ギャレンブリグ城、ギャレンブリグ城クリーチャー化=2*2+(-4+6)+(-4+6)=8マナ
  • 《ロークスワイン城》
ロークスワイン城

こりゃ強い。土地でドローは強いです

黒単ハンデスなどのような相手の手札も削るけど、自分の手札もどんどんなくなっていくデッキだと入れない理由がありません

他のデッキでも全然有用なので、黒が入っていて3色以上などで入れることが無理でないならとりあえず入れてもいいと思います

  • 《ヴァントレス城》
ヴァントレス城

実質5マナで占術2、これを起動できるなら、基本的にゲームには勝っていそうな気はしますが、コントロール同士のトップデッキ勝負になったら強いと思うので、邪魔じゃないなら迷わず入れていいと思います

今回はここまでです。明日は白と青(Part1で数枚取り上げました)とアーティファクト、土日にプレビューの時期的に紹介しそびれた気になったカード達を紹介します。

エルドレインの王権 新規エキスパンション
ramuzaをフォローする
MTGアリーナ デッキ紹介サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました