『エルドレインの王権』プレビュー 個人的に気になったカード紹介 “6/8”

エルドレインの王権
この記事は約8分で読めます。

Part6やっていきます。今回は基本的に”青”になりますが、

最初にあるカードを紹介したいので、紹介させてください

  • 《めでたしめでたし》
めでたしめでたし

特殊勝利来たー!!

なによりも《むかしむかし》の紹介をしたときに、「《めでたしめでたし》がフィニッシャーか特殊勝利できたら嬉しい」と書いていて、本当に特殊勝利で来たので、びっくりしました!!(下の記事の《むかしむかし》のところでひとこと言っています)

こういうのがあるから、早めに紹介するのは楽しいですね

カードについてですが、まずパーマネントで5色でいいので、土地5色出ていれば、達成ですね。白単色デッキを使うにしても、《ギルドパクトのスフィンクス》や

ギルドパクトのスフィンクス

《不屈の巡礼者、ゴロス》などの起動効果に5色含まれているカードも使えるはずです。これらはアーティファクトなので、色関係なくだせるので、5Cデッキにこだわる必要もないと思います

不屈の巡礼者、ゴロス

今回のエキスパンションのBOX特典である《帰還した王、ケンリス》も一応5色入っていて、白ですね。白の起動効果で5点ゲインできるのも、ライフが20点以上ないといけないので相性がいいかも?

帰還した王、ケンリス

ていうか《めでたしめでたし》のイラストに写っているのはこのケンリス王と《不動の女王、リンデン》ですね

不動の女王、リンデン

流石に女王様は一緒に使えないかな

緑をタッチする場合は、《次元を挙げた祝賀》も使えますね。2/2の多色人間トークンなので、条件を満たせる上、ライフゲインもできます

次元を上げた祝賀

そして、”ライフ20点以上”と、”5色”、そして最後の条件が、”戦場か墓地にカードタイプが6種あること“ですね。

mtgのカードタイプは、”クリーチャー、土地、インスタント、ソーサリー、エンチャント、アーティファクト、プレインズウォーカー”の7種ですね(部族というカードタイプもあるようだが、スタンには存在しないので一回除外)

土地と、エンチャントは《めでたしめでたし》が存在する時点で達成しているので、あとは4種類ですね

分割カードは、カードによってはインスタント+ソーサリーで扱われるはずなので、相性がいいかもしれません。以下は白2マナで時間稼ぎができる一例

反応//反正
万全//番人

4マナで《大いなる創造者、カーン》で引っ張ってきて5マナ《不屈の巡礼者、ゴロス》は純粋に強そうです。ゴロスはブロッカーとしてもなかなか優秀なんですよね。このセットを使えたら、あとはインスタントかソーサリーが墓地にあれば達成可能です

大いなる創造者カーン

なかなか楽しそうなカードです。決して強いわけではなく、弱すぎるわけでもない良いカードだと思います。

基本セット2020にはすごい特殊勝利マンがいましたからね

全てを見通す者、アテムシス
呼びました?

アリーナでの特殊勝利の演出がなくて寂しいので、ちょっとしたエフェクトでもいいので付けてほしいですね!!

それでは青紹介に行きます

  • 《厚かましい借り手》
厚かましい借り手

出来事とクリーチャーが強いのはもうそれは2枚に等しいので、無条件に強いです

一枚で相手のカードをバウンス構えながら、動きがなかったらフラッシュでだせるって超強い

だれがどうみても強いとおもいます

パワー3飛行なので、火力がもう少しという青単はもちろん、自分のパーマネントがいけないのはネックですが、シミックフラッシュでも十分採用できると思います

流石の神話レアですねめちゃくちゃ強い

  • 《願いのフェイ》
願いのフェイ

めちゃくちゃです。BO1最強カードの一角でしょう

4マナソーサリーが強すぎる。《首謀者の取得》はライブラリも行けますが、黒ダブシンでした。このカードはまさかの青シングルシンボル。

首謀者の収得

そしてコストは重いですが、クリーチャー自身の能力で、使いまわせるという鬼畜仕様

クリーチャーとしても2マナで1/1飛行を睨める上に、フェザーをブロックできるスタッツなのもおかしい気がします

ソーサリーなので、3テフェが生き残っていたら、4マナ立たせて相手のエンド時に最適なカードを持ってくるのクッソだるい

時を解す者、テフェリー
ソーサリーの弱点を解す者、テフェリー

ディスカードと相性がいいデッキでも入れることが出来ますね

青黒リアニとかリアニ呪文をもってきてから、召喚で手札で腐ったリアニ対象を墓地に送りつつ、次弾を補給できますね

裏切りの工作員

このカードも強い!!

  • 《老いたる者、ガドウィック》
老いたる者、ガドウィック

良いカードだと思います。最悪の場合、ドローなしでトリシン3/3でだしてもそこそこ強いと思います

《選択》などのような軽いインスタントで相手のクリーチャーを止めれます

選択
再録めちゃくちゃ嬉しい

カウンターカードが2枚分(カウンターしつつクリーチャータップ)の仕事をできる可能性もあると思います

1マナ瞬速飛行スピリット君でもいいので、瞬速クリーチャーとも相性がよさそうです

「幽体の船乗り」の画像検索結果

このカードを見たら、しっかりメイン2に動かないといけませんね

CIP持ちは3テフェがいる以上評価高めです

時を解す者、テフェリー

4マナ以上で出した場合、スタッツが貧弱であることと、相手がクリーチャーデッキでないと、本領を発揮できないのは残念ですが

膠着してきてトップデッキ出来たら、主人公。

カードパワーは高いのですが、色も役割もは違うとはいえ、《ハイドロイド混成体》という超強力カードと比べられてしまうのはかわいそう

ハイドロイド混成体
  • 《物語への没入》
物語への没入

ライブラリアウトデッキの救世主ですね

4マナ4ドローはいかついです。インスタントなのが評価爆上げポイントです

終盤ぎりぎりで少しリソース不足気味になるライブラリアウトデッキにおいて、カウンター構えながら大した動きがなかったら、4ドローは相手絶望でしょうね

  • 《魔法の鏡》
魔法の鏡

あんまり強くない気がします

コスト減らしてだしてもCIP能力はなく、ターン返ってきてやっと1ドローできるので、どんどんドローできる枚数が増えるとはいえ、少し悠長すぎる気がします

これが残り続けて勝てるような状況ならば、このカードがなくても勝っていそうな気がします

  • 《真夜中の時計》
真夜中の時計

自身が青マナを出せるので、実質2マナでブーストできるとはいえ、普通にやったら6ターンかかるのでこのカードも少し悠長ですね

しかし、今回のエキスパンションは《願い爪のタリスマン》などカウンターがよく乗るイメージなので

願い爪のタリスマン

ファンデッキになりますが、《魂の占者》がカウンターを喰いまくるコントールデッキ出来るかな?

魂の占者
ビヒモスを招く者、キオーラ
《魂の占者》で2ドローできる
カウンターマン
1個取り除くことで、トークン全破壊可能
  • 《鏡細工》
鏡細工

基本的に場にカードがある前提のカードなので微妙だと思いますが、逆になんにでもなれるポテンシャルを持つので楽しい動きができます

相手のカードでいいのはとても珍しい気がします

《願い爪のタリスマン》でこのカードを持ってきて、相手側にコントロールが移った《願い爪のタリスマン》をコピーしてもってきて、相手の場に《願い爪のタリスマン》が大量に並ぶ。《涙の氾濫》で大量のタリスマンを回収。 タリスマンがタップ能力なので遅すぎますねすいません。

願い爪のタリスマン
涙の氾濫

相手の《ボーラスの城塞》をコピーしたらアツいですね

ボーラスの城塞

管理人個人的には好きなカードです。イラストも人間の欲深さがでていて、滑稽な感じで面白い

  • 《圧倒される弟子》
圧倒される弟子

ライブラリアウトデッキに入るかどうかというカード

1マナでチャンプブロッカーとして機能しながら、相手のライブラリを削り、占術2がでかい、しかし基本的にはなにもしないに等しいので少し弱めかな

  • 《共に逃走》
共に逃走

最初見た時は全然評価していませんでしたが、これだけ強い出来事持ちクリーチャー達が出てくると面白いかもなと思ってしまいますが、テキストをよく見ると、“最大2体”ではなく”2体を対象”なので多分、相手がクリーチャーをコントロールしていない場合、唱えることすらできないのでメインにいれるのは論外ですね

  • 《フェイ隠し》
フェイ隠し

インスタントだったらというカードですね

基本的に、自分の出来事持ちクリーチャーをバウンスしながら、横並びさせるカードなのでしょう

ソーサリーと言えばの3テフェプラスで、相手の除去に合わせてうって、返しのターンにアタッカーが横並びしますね

時を解す者、テフェリー

そこまでして使いたいカードのようには見えないですね

  • 《具眼の主、エレノラ卿》
具眼の主、エレノラ卿

一見弱そうですが、意外となかなかやりそうです

タフ4で”対象として呪文を唱えるためのコストは2多くなる“ここが強いです

除去しようとするならば、うまくいっても4マナ下手をすると《ショック》2枚で6マナになったりするかもししれず、こちらはキャントリでテンポは超絶悪いですが、損していないのでまあ偉い。意外とウザいクリーチャーになりそうです

それでも5マナはとても重いうえに、攻撃力が高くならない限りは、威圧感が全くないので、使うデッキは選ぶと思います。

  • 《ヴァントレスのガーゴイル》
ヴァントレスのガーゴイル

ライブラリアウトデッキ、ライフも削れちゃいますマン降臨ですね

2マナ5/4飛行は破格すぎるスペック

ライブラリアウトデッキにかかわらず、攻撃かブロック可能になりそうなデッキならば、入れてもいいと思います。墓地肥やしとしても2マナなので採用可能ですね

ライブラリアウトデッキは攻撃クリーチャーでなく、ブロッカーが欲しいのにハンドが4枚以上ないといけないのはリソース不足に陥りやすいデッキにおいて微妙にかみ合ってませんね。まあ毎ターン1枚削れるので、及第点だとは思いますが

インスタントで《物語への没入》を打って急に起動してブロックしてきたら、つええええ

物語への没入
  • 《魔法の井戸》
魔法の井戸

本当におまけですが場に出た時、占術2が付いているのは偉い

4マナ2ドローは普通過ぎる効果ですが、好きなタイミングでつかえて阻止されないのは大きいですね

湖に潜む者、エムリー》で簡単に再利用できるのが面白そうです

湖に潜む者、エムリー

イラストの後ろのクリーチャーは何者なのでしょうか?気になります

今回はここまでですね。めでたしめでたし、、、としたいところですが、プレビューの順番的に紹介しきれなかったカードがたくさん残っているので、土日で紹介しますね。

エルドレインの王権 新規エキスパンション
ramuzaをフォローする
MTGアリーナ デッキ紹介サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました