『エルドレインの王権』プレビュー 個人的に気になったカード紹介 “8/8”

エルドレインの王権
この記事は約7分で読めます。

ラストですね。公式のプレビューの順番的に紹介し切れなかったカード達を紹介します。

  • 《評判高い挑戦者》
評判高い挑戦者

普通に強し。騎士デッキでは優秀な1,2マナ帯のカードが多いので、基本的に条件は満たせる上、5枚なので、99%外さないで好きなカードを持ってこれる

漆黒軍の騎士

3マナ3/3騎士なのでこれは強いですね。騎士デッキならば、雑に入れて活躍すると思います

  • 《赦免のアルコン》
赦免のアルコン

なかなかにウザいカード、《ショック》で落ちてしまうタフであるうえ、4マナで窮地にほぼ何もできないのは超マイナスポイント

ショック

プロテクション(白)もついてカードパワーは確かに高いですが、メインには、はいれないですね。

テフェリー兄弟にバウンスされず、《ケイヤの誓い》が飛んでこないので、エスパーのミラー対決ではそこそこやれそうです。

ケイヤの誓い

全てのクリーチャーに言えることですが、万能除去《喪心》がスタン落ちするのが追い風です

喪心

サイドにいれてもいいかもしれませんね

  • 《アーデンベイルの戦術家》
アーデンベイルの戦術家

出来事がそこそこ強い

白単ウィニーであれば、2マナインスタント2体タップは相当な攻撃力です

腐っても3マナ2/3飛行なので、及第点

流石に入らないかな

  • 《耳の痛い静寂》
耳の痛い静寂

1マナ置物でこの能力はエグイですね

相手のデッキによってはなにもさせずに勝てそうです

例えば、イゼットフェニックスなどはこの1枚で終了ですね

孤光のフェニックス

自分の首を絞めないように注意したいところです。クリーチャーデッキならばなんの問題もないですね

環境によってはサイドに入れるようになるでしょう

  • 《調和のアルコン》
調和のアルコン

効果は面白いですが、6マナは重すぎです。

フレーバーテキスト「全ての上に立つもの。」がいいですね

リミテッドは壊れそうです

  • 《静寂をもたらすもの》
静寂をもたらすもの

出た時や、死亡時に効果を持つ、ほぼすべてのエレメンタルが死亡するカード

発現する浅瀬

アリストクラッツのデッキも結構痛いですね

戦慄衆の解体者

これも環境によってはサイドに入れますね

探検メカニズムが落ちた環境で、どれだけ活躍の場があるのか

  • 《高潔のあかし》
高潔のあかし

ブロッカー限定とはいえ、+7/+7はすごいですね

ブロッカー限定なので《グレートヘンジ》のようなカードの条件達成に悪用できず、相手ターンにしかスタッツが上がらないのが残念ですね

グレートヘンジ

今回のエキスパンションに追加された《ドスン》の1マナ重くなったインスタント版《投げ飛ばし》ですごいダメージになりそうです

投げ飛ばし

フェザーデッキで使うことで、《投げ飛ばし》は回収できませんが、ロマンフィニッシュできそう。フェザーデッキだとなかなかブロックに回れないという可能性は考えない!!

贖いし者、フェザー
  • 《王国まといの巨人》
王国まといの巨人

全体除去のソーサリーにフィニッシャーになりうるクリーチャーがくっついてきたカード

コントロールの5マナ全体除去枠に採用できますね

時の一掃

まあ強いでしょうね

イラストがめちゃくちゃいいですね。《脱ぎ捨て》のソーサリー名からわかるように巨人にとって大地は着ているものなんですね

  • 《無礼の罰》
無礼の罰

《思考崩壊》とまったく一緒のテキストなので、 ライブラリアウトデッキに8枚入れれますね。それだけです

思考崩壊
  • 《マーフォークの秘守り》
マーフォークの秘守り

《迷える思考の壁》よりも2回に分けて使えるため2アクション取りやすいということと、

迷える思考の壁

《水没した秘密》が2回発動するため、ライブラリアウトデッキでは便利ですね

水没した秘密
  • 《黒槍の模範》
黒槍の模範

カードパワー高すぎぃ

2マナ瞬速で騎士1体に接死と絆魂を付けれます

これを自分が騎士なので、自分にそれらを付けれるのが、めちゃくちゃ偉い

1対1交換で3点ドレインだけでも優秀ですが、騎士で全パンしたときに一方取られる騎士に接死を付けたりするだけでも盤面を一気に押していけます

このカードさすがのレアです

少し似ている《凶兆艦隊の毒殺者》はスタン落ちですが、このカードより優秀ですね

凶兆艦隊の毒殺者
  • 《大釜の贈り物》
大釜の贈り物

いいリアニ呪文ですね。

一徹の条件付きですが、墓地肥やしも兼ねているのが偉い

墓地肥やし付きのリアニ呪文は《詭謀//奇策》の青黒リアニで便利さを証明済みですものね

このカードは黒単でも使えますね

良いカードだと思います

  • 《永遠の大釜》
永遠の大釜

リアニ系デッキならば、最安コストに達する5枚クリーチャーが墓地に落ちるのは案外すぐですし、黒2マナで出せてリアニ系デッキならば、1~2枚入れてもいいかもしれませんね

伝説なので、4枚は絶対入れませんね

《骨への血》などで《裏切りの工作員》を使いまわせないのは残念ポイントです

骨への血

なんかあんまり強くない気もしてきました

  • 《永遠の若さ》
永遠の若さ

臨む枚数をライブラリートップに戻せる珍しいカード

最低の場合でも、好きなクリーチャーカードを1枚引っ張ってこれるので及第点ではあると思います

ライブラリーに戻すという効果で《採取//最終》といかに差別化するかという感じのカードですね

採取最終

例えば、《新生化》を用いるデッキなどで使い切ってしまったマナ帯を戻したりとかには使えるのではないでしょうか

新生化
  • 《ケンリスの変身》
ケンリスの変身

キャントリが付いているのが損しないため、偉いですね

自分のクリーチャーのパワーを上げてもよし

相手のシステムクリーチャーをバニラにしても良し、《王冠泥棒、オーコ》の大マイナスで食物トークンと交換してもいいと思います

王冠泥棒、オーコ

便利なカードですね

  • 《野生語りの帰還》
野生語りの帰還

インスタントなので、5マナと非常に重いですが、優秀な気がします

攻撃が通りそうなときはフィニッシャーになりうる全体パンプ能力であり、まだフィニッシュできそうになく、リソースが足りなそうな場合は相手ターンにドローできる。

緑というマナを立てることにメリットが少なそうな色なのが残念ですね

いや、待てよ、シミックフラッシュで強いですねこれ!!シミックフラッシュならば、マナを立てることに、大きな価値があり、フィールド上が《エリマキ神秘家》

「エリマキ神秘家」の画像検索結果

だけだとしても5マナ3ドローなので、純粋に良いカードですね

《塩水生まれの殺し屋》が何にも成長していなくても3ドローですね

「塩水生まれの暗殺者」の画像検索結果
  • 《胸躍る可能性》
胸躍る可能性

インスタント版《苦しめる声》。イゼットフェニックスのような《苦しめる声》が今でも使われているデッキではそのまま採用されるでしょうね。

苦しめる声

“2枚目引くたび”という能力持ちのカードとも、好きなタイミングで誘発させることが出来るので、相性が良いですね

  • 《朱地洞の族長、トーブラン》
朱地洞の族長、トーブラン

《災厄の行進》デッキで、2点足されることの恐怖を《ケルドの炎》で管理人は味わったことがあるので、このカードも強いでしょう

ケルドの炎

タフ4なのも処理しづらく、ナイスなポイントです

強いですね

  • 《アイレンクラッグの紅蓮術師》
アイレンクラッグの紅蓮術師

これが置いてあることで、すごいカードになるカードがたくさん存在するので面白そうなカード

自分ターンに《選択》打つだけで、3点飛びます。ヒエー

選択

3テフェでマイナスするだけでも、3点飛びますね。ヒエー強すぎ

時を解す者、テフェリー

0/4というスタッツで壁にもなれるので、ジェスカイコントロールにもいいかもしれない。

もちろん上の《胸躍る可能性》がインスタントで手札交換+3点火力になるのでもちろん強いです

胸躍る可能性

タフ4なのが偉い(n回目)

悪さしそう

  • 《狂ったネズミ飼い》
狂ったネズミ飼い

絶妙にかみ合わないけど、《群れの笛吹き男》と使いたくなる

群れの笛吹き男

悪いことできそうでできない感じですね

《ロークスワインの元首、アヤーラ》とは毎ターン2点ドレイン1ドローになるので相性が良い気がしますね。黒単タッチ赤でネズミハンデスっぽいデッキにならないかなあ

ロークスワインの元首、アヤーラ

《悪ふざけの名人、ランクル》ともそこそこ相性よさそうです

悪ふざけの名人、ランクル

ネズミ飼い自体が4マナ1/2と貧弱すぎるスタッツであることが一番の問題です

管理人の個人的に気になったカード紹介シリーズはこれにて以上です。長い間ありがとうございました!! 結構強そうなエキスパンションなので新環境、超楽しみです!! めでたしめでたし。

エルドレインの王権 新規エキスパンション
ramuzaをフォローする
MTGアリーナ デッキ紹介サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました