MCⅥ 勝ち組だったアーキタイプとは。”スゥルタイサクリファイス”、”ティムールフレンズ”、”グルールアドベンチャー”

エルドレインの王権
この記事は約8分で読めます。

追記: 同じような記事を日本語公式が挙げてくれていたので、そちらから見たほうが良いです。“新たなケシスデッキ”や、”グリクシス動員”についての記述もあります。

2019ミシックチャンピオンシップⅥ(リッチモンド) スタンダード部門アーキタイプ勝率一覧と注目のデッキ|イベントカバレージ|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト
世界中で2千万人を超えるプレイヤーとファンを持つ世界最高の戦略トレーディングカードゲーム、マジック:ザ・ギャザリングの日本公式ウェブサイト。

ついでにこちらでは行弘賢選手が使用した”4Cリスクフード”についての本人のインタビューも交えた興味深い記事があるのでどうぞ

デッキテク:行弘 賢の「4色リスクフード」|イベントカバレージ|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト
世界中で2千万人を超えるプレイヤーとファンを持つ世界最高の戦略トレーディングカードゲーム、マジック:ザ・ギャザリングの日本公式ウェブサイト。

2番煎じみたいになってしまい、すいません。一応記事は残します

勝ち組のアーキタイプはなんだったか

個人個人で見たら、優勝はシミックです。

ただシミックは使用者がたくさんいらっしゃったため、アーキタイプ全体としての成績は凡庸でありました。

今回は個々のアーキタイプでの勝ち組を探っていく記事です

これらについてご理解をお願いします。

MCⅥにおける気になる統計

公式が面白い統計を出してくれていたので、紹介します。

主要なデッキの”勝率”、”対フードの勝率”、”対フード以外の勝率“です

引用: THE STANDARD WIN RATES AND SPICIEST DECKS AT MYTHIC CHAMPIONSHIP VI より

まず、全体の勝率についてみていくと、68.2%のスゥルタイサクリファイス(今回の勝ち組候補ナンバーワン)、70.0%のティムールフレンズが目を見張る成績です。

フード、そしてフード以外にもバランスよく勝っていたのは、グルールアドベンチャー(すべて65%以上)とラクドスナイト(すべてに56%前後)。

勝率自体が6割越えであり、フード相手には半分だが、フードデッキ以外には71.4%勝っていたシミックフラッシュ

このあたりが、勝ち組であったように思われます。シミックフラッシュや、ラクドスナイトは最近取り上げているので

今回はスゥルタイサクリファイス、ティムールフレンズ、グルールアドベンチャーについて取り上げたいと思います。

スゥルタイサクリファイス

ASHTON THOMAS選手のリスト

スゥルタイサクリファイスについては対フード(59.4%)で半分以上勝っていて(ティムールフレンズ、グルールアドベンチャーに次ぐ3番目)、対フード以外は82.9%という異常な成績をたたき出しています。フード以外に当たったら、だいたい勝てるというデッキになっていたようです。フードにあたっても6割型勝つ。

使用人数も多く、そこそこ信用できるデータになっているので素直にすごいですね

TOP8にいなかったのは、TOP8が近づくにつれてフードにあたる確率がどんどん上がっていった結果でしょうね。

今回一番の勝ち組アーキタイプであったように思われます。

デッキとしては、スゥルタイフードに猫かまどをいれて調整したようなリスト

魔女のかまど

展開を一旦膠着させてしまえれば、パンくずの道標》がほぼ無限にリソースを稼ぎ、勝利への道標となります。

パンくずの道標

序盤を耐えれる軽量クリーチャーとかまどのメカニズムがあり、《虐殺少女》が一気に盤面をきれいにしてくれるので、アドベンチャーデッキなどの雑多なデッキは喰われていったのだと思います。

虐殺少女
チュインチュイン

《朽ちゆくレギサウルス》をサイドに4枚とっているのが面白いですね。

朽ちゆくレギサウルス

ブロッカーとして機能しながら、エンド時にかまどでサクって(食物トークン2つ)もいいし、道標でいらないカードを持ってきて、捨ててもいいのでデメリットが気にならないということかもしれませんね

今回一番の勝ち組アーキタイプのスゥルタイサクリファイスみなさんも使ってみては。

インポート用コード

コードを出す

デッキ
4 繁殖池 (RNA) 246
4 魔女のかまど (ELD) 237
2 意地悪な狼 (ELD) 181
6 森 (ELD) 266
4 草むした墓 (GRN) 253
2 ゴルガリの女王、ヴラスカ (GRN) 213
4 沼 (ELD) 258
4 湿った墓 (GRN) 259
4 金のガチョウ (ELD) 160
4 王冠泥棒、オーコ (ELD) 197
4 むかしむかし (ELD) 169
2 害悪な掌握 (M20) 110
3 虐殺少女 (WAR) 99
2 ロークスワイン城 (ELD) 241
4 パンくずの道標 (ELD) 179
4 大釜の使い魔 (ELD) 81
3 残忍な騎士 (ELD) 97

サイドボード
2 強迫 (M20) 97
4 朽ちゆくレギサウルス (M20) 111
1 ゴルガリの女王、ヴラスカ (GRN) 213
2 恋煩いの野獣 (ELD) 165
1 否認 (M20) 69
2 夏の帳 (M20) 198
2 霊気の疾風 (M20) 42
1 打ち壊すブロントドン (M20) 197

ティムールフレンズ

VAN KUIJK HARM-JOOST選手のリスト

ティムールフレンズに関しては対フードで75%というトップの成績、そしてフード以外には50%、フードだらけであった今回の大会においてはこのリストも勝ち組であったと言えるでしょう。

ゴロス原野全盛期にちょびっと流行っていたティムールフレンズ。どうやら、フードデッキ全体に有利取れるようです

死者の原野

このデッキに関しては、2ターン目にしっかりPWを展開して、どれだけアドを稼いでいけるかにかかっていそうです

樹上の草食獣
こいつかガチョウスタート
2ターン目3マナPWできるハンドを願う

《意地悪な狼》かオーコ、ドムリの能力で相手の飛行生物(《金のガチョウ》など)を無効化しつつ、PWを貯めてサルカンでドカーンと行きたいですね

主無き者、サルカン

みなさんも使ってみては

インポート用コード

コードを出す

デッキ
3 主無き者、サルカン (WAR) 143
3 世界を揺るがす者、ニッサ (WAR) 169
2 ボーラスの壊乱者、ドムリ (WAR) 191
4 王冠泥棒、オーコ (ELD) 197
3 王家の跡継ぎ (ELD) 199
2 厚かましい借り手 (ELD) 39
4 樹上の草食獣 (WAR) 149
4 金のガチョウ (ELD) 160
2 探索する獣 (ELD) 171
4 意地悪な狼 (ELD) 181
4 むかしむかし (ELD) 169
4 繁殖池 (RNA) 246
2 寓話の小道 (ELD) 244
5 森 (ELD) 269
1 島 (ELD) 257
2 山 (ELD) 265
4 蒸気孔 (GRN) 257
4 踏み鳴らされる地 (RNA) 259
1 天啓の神殿 (M20) 253
2 神秘の神殿 (M20) 255

サイドボード
3 霊気の疾風 (M20) 42
2 砕骨の巨人 (ELD) 115
2 軽蔑的な一撃 (GRN) 37
3 炎の一掃 (M20) 139
2 溶岩コイル (GRN) 108
3 夏の帳 (M20) 198

グルールアドベンチャー

Javier Dominguez選手のリスト

MCⅤ優勝者のハビエル・ドミンゲス選手が使用したことで話題になったグルールアドベンチャー。使用者3名とも、超絶強豪選手なので勝率が盛られているかもしれませんが、対フードは65%、フード以外には71.4%と素晴らしく安定した成績です。これも勝ち組のアーキタイプです

タップインの可能性があるランドなんて必要ねえんだよ!!と言わんばかりの基本土地10枚ずつのショックランド4枚が男らしくていいですよね

グルールアドベンチャーというアーキタイプ自体は、1回紹介したので管理人も以前使ってみたことがあり

その際、セレズニアやゴルガリのように軽い出来事持ちクリーチャーがいないため、あんまり《エッジウォールの亭主》のバリューが高くないなあと思っていたのですが、この成績(勝率66.7%)プレイングやサイドの取り方が上手かったのだと思います。

エッジウォールの亭主

管理人がデッキのパワーを引き出せていなかっただけのようですね

《クロールの銛撃ち》が4枚ずみなのもフードデッキ全盛の本大会ではうまくいった要因かもしれないです。

クロールの銛撃ち

みなさんも使ってみては

インポート用コード

コードを出す

デッキ
4 恋煩いの野獣 (ELD) 165
4 むかしむかし (ELD) 169
1 夏の帳 (M20) 198
10 森 (ELD) 266
4 エッジウォールの亭主 (ELD) 151
4 探索する獣 (ELD) 171
4 クロールの銛撃ち (GRN) 136
4 ドムリの待ち伏せ (WAR) 192
3 エンバレスの宝剣 (ELD) 120
4 砕骨の巨人 (ELD) 115
4 リムロックの騎士 (ELD) 137
4 踏み鳴らされる地 (RNA) 259
10 山 (ELD) 262

サイドボード
2 夏の帳 (M20) 198
1 魔術遠眼鏡 (ELD) 233
2 溶岩コイル (GRN) 108
2 実験の狂乱 (GRN) 99
1 炎の一掃 (M20) 139
2 エンバレスの盾割り (ELD) 122
4 燃えがら蔦 (RNA) 161
1 ショック (M20) 160

エルドレインの王権 デッキ紹介 プロのデッキ
ramuzaをフォローする
MTGアリーナ デッキ紹介サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました