MCⅥ プロ使用のローグデッキ達。 “ティムールミッドレンジ”、”スゥルタイエレメンタル”、”シミック複製”、”シミックアドベンチャー”、”グリクシスミッドレンジ”、”ボロスアグロ”

エルドレインの王権
この記事は約11分で読めます。

はじめに

“新たなケシス”、”グリクシス動員”、”グルールアドベンチャー”、”ティムールフレンズ”、”4Cリスクフード”についてはこちらで取り上げているので、よろしくお願いします。

ちなみに、好成績を収めたデッキ群は公式にてサイドの枚数も正確にこちらでまとめられています。気になる方はどうぞ

  • 18~19ポイント獲得
https://magic.wizards.com/en/events/coverage/2019MC6/mythic-championship-vi-18-19-standard-match-point-decklists
  • 21~22ポイント獲得
Mythic Championship VI 21-22 Standard Match Point Decklists
  • 23~27ポイント獲得
Mythic Championship VI 23-27 Standard Match Point Decklists

今回の記事では、プロが実際にMCⅥにて使用したローグデッキの一部を紹介します。サイドの枚数は1枚ずつのリストになっていますが、成績を残したリスト以外は公開されていないので、今大会のデッキ公開の仕様です

ティムールミッドレンジ

Ruey-Jer Yeh選手のリスト

グルールミッドレンジに青を足したリスト

《王家の跡継ぎ》を入れて、《探索する獣》とのシナジーでハッピーになろうとしています

王家の跡継ぎ
先制攻撃、警戒、接死、速攻6/4のバケモンクリーチャーに変貌

《エンバレスの宝剣》もおまけのように入ってます

エンバレスの宝剣

ショックインばかりでこっちがピンチにならないように、そして色事故が起きないように祈るばかりですね。

青を足すことで、《軽蔑的な一撃》のようなリアクションカードもサイドに取れています

軽蔑的な一撃

結果についてはサイドが1枚ずつなので、そういうことなのですが、面白いリストなので紹介させていただきました。

インポート用コード

コードを出す

デッキ
3 王家の跡継ぎ (ELD) 199
3 厚かましい借り手 (ELD) 39
4 砕骨の巨人 (ELD) 115
2 スカルガンのヘルカイト (RNA) 114
4 クロールの銛撃ち (GRN) 136
3 楽園のドルイド (WAR) 171
3 探索する獣 (ELD) 171
4 グルールの呪文砕き (RNA) 179
4 ザル=ターのゴブリン (RNA) 215
3 ドムリの待ち伏せ (WAR) 192
1 神秘の論争 (ELD) 58
2 むかしむかし (ELD) 169
1 エンバレスの宝剣 (ELD) 120
4 繁殖池 (RNA) 246
4 森 (ELD) 269
4 山 (ELD) 265
4 蒸気孔 (GRN) 257
4 踏み鳴らされる地 (RNA) 259
2 神秘の神殿 (M20) 255
1 岩だらけの高地 (M20) 250

サイドボード
1 エンバレスの宝剣 (ELD) 120
1 霊気の疾風 (M20) 42
1 軽蔑的な一撃 (GRN) 37
1 焦熱の竜火 (ELD) 139
1 魔術遠眼鏡 (ELD) 233
1 グレートヘンジ (ELD) 161
1 打ち壊すブロントドン (M20) 197
1 夏の帳 (M20) 198

スゥルタイエレメンタル

なぜか使用者が3名いたスゥルタイエレメンタル。ガラクが入っているかどうか以外同じリストだったので、3人で調整して臨んだのかもしれないですね

NIELSEN SIMON選手のリスト

《発現する浅瀬》、《茨の騎兵》、《模写》でどんどん土地を伸ばしていき、

模写

横並びからの《終末の祟りの先陣》や《集団強制》でフィニッシュするリスト

週末の祟りの先陣

《集団強制》は今大会、大活躍だったので、アプローチとしては良いものだったのだと思います

集団強制

サイドに《啓示の終焉》を入れているように、デッキの回りやランプの速さには自信があったのだと思います

啓示の終焉

色対策を相当入れているので、フードをメタったリストなのだと思いますが、あんまりいい成績は残せなかったようです。

しかし、独自性のあるリストだったのでリスペクトを込めて、紹介させていただきました

インポート用コード

コードを出す

デッキ
4 茨の騎兵 (M20) 167
1 終末の祟りの先陣 (RNA) 124
4 枝葉族のドルイド (M20) 178
4 楽園のドルイド (WAR) 171
4 ハイドロイド混成体 (RNA) 183
4 発現する浅瀬 (M20) 217
2 集団強制 (RNA) 42
1 模写 (GRN) 51
4 霊気の疾風 (M20) 42
2 害悪な掌握 (M20) 110
4 むかしむかし (ELD) 169
4 繁殖池 (RNA) 246
2 ヴァントレス城 (ELD) 242
6 森 (ELD) 269
2 島 (ELD) 257
4 草むした墓 (GRN) 253
4 神秘の神殿 (M20) 255
4 湿った墓 (GRN) 259

サイドボード
1 軽蔑的な一撃 (GRN) 37
1 強迫 (M20) 97
1 永遠神の投入 (WAR) 196
1 啓示の終焉 (WAR) 51
1 軍団の最期 (M20) 106
1 否認 (M20) 69
1 人知を超えるもの、ウギン (WAR) 2
1 夏の帳 (M20) 198
1 大食のハイドラ (M20) 200

シミック複製

ANTHONY KILBERRY MICHAEL 選手のリスト

先ほどのスゥルタイエレメンタルと似た構造のデッキ

土地を置きまくって、《裏切りの工作員》や《終末の祟りの先陣》です。これらは超強力なCIP持ちなので、もちろんランプにも使う《模写》できたら最高です

裏切りの工作員

《破滅の終焉》まで入ってます。X=10以上で唱えられたら、GGですね。X=10とは言わずに、《意地悪な狼》や《裏切りの工作員》を持ってくるだけでも十分です

破滅の終焉

《集団強制》などは《夏の帳》でスカるので、自分の場で完結する《破滅の終焉》からの《終末の祟りの先陣》は何マナか相手が立ててても、こっちの《夏の帳》で押し通せます。まあ超絶ロマンですけどね

週末の祟りの先陣

結果は残せていないですが、 こちらも面白いリストだったので紹介しました。

インポート用コード

コードを出す

デッキ
3 王冠泥棒、オーコ (ELD) 197
2 裏切りの工作員 (M20) 43
4 茨の騎兵 (M20) 167
1 終末の祟りの先陣 (RNA) 124
4 金のガチョウ (ELD) 160
4 枝葉族のドルイド (M20) 178
3 意地悪な狼 (ELD) 181
2 ハイドロイド混成体 (RNA) 183
4 発現する浅瀬 (M20) 217
3 模写 (GRN) 51
1 破滅の終焉 (WAR) 160
4 むかしむかし (ELD) 169
4 繁殖池 (RNA) 246
1 ギャレンブリグ城 (ELD) 240
2 ヴァントレス城 (ELD) 242
10 森 (ELD) 269
6 島 (ELD) 257
2 神秘の神殿 (M20) 255

サイドボード
1 霊気の疾風 (M20) 42
1 軽蔑的な一撃 (GRN) 37
1 恋煩いの野獣 (ELD) 165
1 否認 (M20) 69
1 打ち壊すブロントドン (M20) 197
1 夏の帳 (M20) 198

シミックアドベンチャー

STRAUCH PETER 選手のリスト

ゴルガリ、セレズニア、グルールときて、緑が組める2色のラスト、シミックにまで顔を出してしまったアドベンチャーデッキ

エッジウォールの亭主

シミックフードの自由枠に、ちょっと緑のアドベンチャーパッケージを導入してみましたというようなリスト。

《厚かましい借り手》と《恋煩いの野獣》のみでは、亭主とうまくいかなかったのか、結果は残せなかったようです。(亭主に対してはみんなヘイトが高く、どちらも3マナなので、全然ドローできなかったのではないだろうか)

厚かましい借り手

《世界を揺るがす者、ニッサ》を2枚削っているのも痛い可能性がありますね

世界を揺るがす者、ニッサ

亭主は出来事持ちクリーチャーを唱えないとただの1/1クリーチャーなので、やっぱりアドベンチャーパッケージについては、軽めの出来事持ちクリーチャーがたくさんいるゴルガリやセレズニアが一番相性がよさそうです。

シミックフードにアドベンチャーパッケージを入れてみるという試みをリスペクトして紹介しました。

インポート用コード

コードを出す

デッキ
2 世界を揺るがす者、ニッサ (WAR) 169
2 アーク弓のレインジャー、ビビアン (M20) 199
4 王冠泥棒、オーコ (ELD) 197
4 厚かましい借り手 (ELD) 39
4 エッジウォールの亭主 (ELD) 151
4 金のガチョウ (ELD) 160
4 恋煩いの野獣 (ELD) 165
4 楽園のドルイド (WAR) 171
2 探索する獣 (ELD) 171
4 意地悪な狼 (ELD) 181
1 ハイドロイド混成体 (RNA) 183
4 むかしむかし (ELD) 169
4 繁殖池 (RNA) 246
1 寓話の小道 (ELD) 244
10 森 (ELD) 269
4 島 (ELD) 257
2 神秘の神殿 (M20) 255

サイドボード
1 霊気の疾風 (M20) 42
1 軽蔑的な一撃 (GRN) 37
1 クロールの銛撃ち (GRN) 136
1 神秘の論争 (ELD) 58
1 魔術遠眼鏡 (ELD) 233
1 打ち壊すブロントドン (M20) 197
1 夏の帳 (M20) 198
1 大食のハイドラ (M20) 200

グリクシスミッドレンジ

Alex Khanin選手のリスト

瞬速で強いクリーチャー、強いソーサリー、強いPW、強いインスタントがあれば勝てるだろといわんばかりのリスト。

1vs1交換をし続けがちなグリクシスカラーで出来事持ちクリーチャー達は2枚分の働きをしたいところです。

《湖での水難》、《物語への没入》を強く使うために3マナカウンターが 《思考崩壊》になっていますね

物語への没入
条件が整えば、4マナ3ドローインスタント
意外と条件も緩い

サイドには緑を止め続ける《荒廃甲虫》、カウンター乗っけるオーコや意地悪な狼メタにも

荒廃甲虫

結果は残せなかったようですが、 管理人はメインサイドどちらもごちゃっとしてるこのリストめちゃくちゃ好きなので紹介しました。

インポート用コード

コードを出す

デッキ
2 龍神、ニコル・ボーラス (WAR) 207
4 厚かましい借り手 (ELD) 39
2 黒槍の模範 (ELD) 79
4 残忍な騎士 (ELD) 97
3 砕骨の巨人 (ELD) 115
1 メア湖の海蛇 (ELD) 195
2 永遠神の投入 (WAR) 196
4 思考消去 (GRN) 206
2 物語への没入 (ELD) 50
2 物語の終わり (M20) 77
3 思考崩壊 (RNA) 57
2 害悪な掌握 (M20) 110
2 湖での水難 (ELD) 188
2 暴君の嘲笑 (WAR) 225
3 血の墓所 (RNA) 245
1 ヴァントレス城 (ELD) 242
2 陰鬱な僻地 (M20) 245
4 寓話の小道 (ELD) 244
3 島 (ELD) 257
1 山 (ELD) 265
3 蒸気孔 (GRN) 257
3 沼 (ELD) 261
1 天啓の神殿 (M20) 253
4 湿った墓 (GRN) 259

サイドボード
1 アングラスの暴力 (WAR) 185
1 夢を引き裂く者、アショク (WAR) 228
1 荒廃甲虫 (M20) 87
1 炎の一掃 (M20) 139
1 戦慄衆の将軍、リリアナ (WAR) 97
1 神秘の論争 (ELD) 58
1 否認 (M20) 69
1 オブ・ニクシリスの残虐 (WAR) 101
1 煤の儀式 (GRN) 84
1 魔術遠眼鏡 (ELD) 233
1 人知を超えるもの、ウギン (WAR) 2

ボロスアグロ

HOFVERBERG ANDREAS選手のリスト

赤単タッチ白のようなリスト

ボロス軍の中核2人が助っ人にやってきています。《軍勢の切先、タージク》と《正義の模範、オレリア》ですね

軍勢の切先、タージク
正義の模範、オレリア

速攻クリーチャーが多めなので、野獣や狼のような地上止めるマンが出る前にライフをがつがつ削っておきたいところです

管理人が使ってみた正直な印象としましては、速攻だらけのグルールの方が強そうという感想でしたが、放っておいたら危険なクリーチャーが多いので、除去が少ない相手には一気に削り切るのかもしれませんね

白をタッチしたことで、エンチャントには耐性がないフードデッキに対して普通の赤単よりも《牢獄領域》が良い感じなのかもしれません

牢獄領域

あんまり見たことないアーキタイプだったので、紹介させていただきました。

インポート用コード

コードを出す

デッキ
4 砕骨の巨人 (ELD) 115
4 軍勢の戦親分 (GRN) 109
4 義賊 (ELD) 138
4 遁走する蒸気族 (GRN) 115
4 ブリキ通りの身かわし (RNA) 120
3 朱地洞の族長、トーブラン (ELD) 147
3 正義の模範、オレリア (GRN) 153
4 軍勢の切先、タージク (GRN) 204
2 舞台照らし (RNA) 107
4 ショック (M20) 160
3 裁きの一撃 (GRN) 182
2 エンバレス城 (ELD) 239
10 山 (ELD) 265
1 平地 (ELD) 253
4 聖なる鋳造所 (GRN) 254
4 凱旋の神殿 (M20) 257

サイドボード
1 平地 (ELD) 253
1 炎の職工、チャンドラ (WAR) 119
1 エンバレスの盾割り (ELD) 122
1 牢獄領域 (WAR) 26
1 無頼な扇動者、ティボルト (WAR) 146
1 解き放たれた狂戦士 (M20) 164

これにて、MCⅥに関しての記事は終わりです。

結果を残せなかったとはいえ、プロがビッグな大会に持ち込んだ魂のデッキ、知られないで終わってしまうのは悲しいのでローグデッキ達、紹介させていただきました。まだまだ進化の余地は残ってます!!

MCⅥに関わった、そして記事を読んでいただいたみなさん、お疲れさまでした

エルドレインの王権 デッキ紹介 プロのデッキ
ramuzaをフォローする
MTGアリーナ デッキ紹介サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました