MPL EMERALD DIVISIONデッキ公開!! TOPプロ達がMCⅥをふまえて選択したデッキとは

MPL
この記事は約4分で読めます。

今週行われるMPL EMERALD DIVISIONのデッキリストが公開されました。

MAGIC ESPORTS | LEAGUE
These pros turn Magic into an exhilarating spectator sport.

いつも通り、インポートが直接できるようになっているので、こちらでインポート用コードを貼ることはありません。ご了承ください。

使用デッキ分布

  • スゥルタイフード(3名+変則1名)
  • グルールアドベンチャー(2名)
  • バントフード
  • スゥルタイサクリファイス

MCⅥにおいてアーキタイプ全体としては素晴らしい成績を残したスゥルタイサクリファイス、グルールアドベンチャーがこのMPLというトップオブトップのリーグで輝けるのかに注目です

スゥルタイフードの工夫

プロ一人ひとりが、同じスゥルタイフードというアーキタイプを使っているのですが、ちょっとずつ工夫しています。この項ではそれらを見ていきます

Ben Stark選手のリストは特殊なので次の項で紹介します。スゥルタイフードにおけるリストでの比較は他3名で行っています

まずは《戦争の犠牲》の枚数差です。全員メインから採用しているのですが、2名は2枚採用、Mike Sigrist選手に関しては3枚採用しています。同型やファイアーズ、

そしてなんといっても注目のスゥルタイサクリファイスの《魔女のかまど》《パンくずの道標》を一気に割れます。これはアカン

戦争の犠牲

その代わりに Christian Hauck選手しかメインから《ゴルガリの女王、ヴラスカ》を入れていないのが印象的ですね(Marcio Carvalho選手もサイドに1枚)。枠が変わっています

ゴルガリの女王、ヴラスカ

Christian Hauck選手

PW達や狼、ハイドロイドと相性が良い《カーンの拠点》を土地に1枚とっています

カーンの拠点

そしてなんといっても、面白いのは、本来の色では出せない《天上の赦免》をサイドに2枚とってることですね。

確かに猫ちゃん即死だし、追放も出来るしでサクリファイスデッキの天敵ではあります。マナクリたちと申し訳程度に1枚入っている《寺院の庭》で白マナを出すのでしょう。

天上の赦免

Mike Sigrist選手

こちらもサクリファイスデッキをメタるためでしょう。サイドに《虚空の力線》や《漂流自我》が入っています。

虚空の力線
漂流自我

これらに関しては、スタックスデッキにも刺さりますね

MCⅥでスゥルタイサクリファイスが注目された結果でしょうね。メイン《戦争の犠牲》といい、《夏の帳》後のサイドまでみなさん対応が早いです

夏の帳
パイオニアで禁止通告を受けた問題児

Ben Stark選手 変則スゥルタイフード

スゥルタイフードというよりも、スゥルタイフレンズのようなリスト

《次元間の標》、《カーンの拠点》でもうフレンズやりますよいう宣言みたいなものですよね。

次元間の標

“タップインが弱すぎるため、探していたら、《次元間の標》にたどり着いた”という行弘賢選手の記事よろしく、タップインが入っていなく、同じような思考にたどり着いたのかもしれないですね。

参考記事は下のリンク。行弘選手がデッキ構築の過程を語ってくれているので、無料で読めるのがありがたいぐらい面白い記事です。みなさん読んでください。
デッキテク:行弘 賢の「4色リスクフード」|イベントカバレージ|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト
世界中で2千万人を超えるプレイヤーとファンを持つ世界最高の戦略トレーディングカードゲーム、マジック:ザ・ギャザリングの日本公式ウェブサイト。

《ハイドロイド混成体》を入れない(サイドに1枚)のは思いきっていますよね。リソースはリリアナやパンくず、ヴラスカで回復していくのでしょう。

ハイドロイド混成体

サイドも《アーク弓のレインジャー、ビビアン》を活かすために、クリーチャーだらけです。ビビアンはカウンターを乗せれるため、増殖と相性が抜群なんですよね

アーク弓のレインジャー、ビビアン

土地を置くたび増殖を行える《進化の賢者》は確かにパンくずを用いたスゥルタイには素晴らしいシナジーを発揮しますね。当たり前ですが、ビビアンで自分にもカウンター乗せれます

進化の賢者

問題はしっかり回るのか、そしてサイドがあんまり柔軟じゃないことですね

まとめ

ちょっとメタられ気味なスゥルタイサクリファイスは厳しそうです。そんなの関係なしに、殴りつぶしていきそうなグルールアドベンチャー。

勝率がMCⅥよろしく67%ぐらいなら、グルール使用の2名のどちらかはTOP4入りそうです。

フード対決などはあんまり予想付かないですね。MCⅥのTOP8だけの結果をみたら、シミックと少し似た構成のバントフードはスゥルタイに有利かもしれないので、バントも抜けるかもしれないですね。

あくまで管理人の勝手な予想です。

おまけ エルドレインの世界観

エルドレインの世界観が良くわかる、翻訳記事を公式が挙げてくれていたので、シェアしておきます。

プレインズウォーカーのためのエルドレイン案内|読み物|マジック:ザ・ギャザリング 日本公式ウェブサイト
世界中で2千万人を超えるプレイヤーとファンを持つ世界最高の戦略トレーディングカードゲーム、マジック:ザ・ギャザリングの日本公式ウェブサイト。

時間があるときに読むと面白いと思います。エルドレインのカード達にますます愛着がわくと思います。

アヤーラのクソ野郎感、優秀なトーブランの過去、立派な騎士のイラストの意味、だいぶすごい人だったガドウィックおばあちゃん、etcという感じです

MPL エルドレインの王権 デッキ紹介 プロのデッキ
ramuzaをフォローする
MTGアリーナ デッキ紹介サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました