『テーロス還魂記』プレビュー #1 エルズペス、アショクなど

テーロス還魂記
この記事は約2分で読めます。

ついに1月24日発売『テーロス還魂記』のプレビューが始まりました。管理人の軽い雑感を書いていこうと思います

プレビューは始まったばかりでカードの評価をあれこれ言うのは時期尚早なので、ほんとに軽く触れていきます。

エルズペス

Elspeth, Sun's Nemesis

厄介な常在型能力もなく、盤面に大きな影響を与えずにマイナス能力しかないので今の段階では残念な印象です。

生物出せて、5点ゲインもあり墓地から半無限に還ってくるのでコントロール気味のデッキで活躍できるかも?

土地の《アーデンベイル城》と違いを生み出したいですね

アーデンベイル城

墓地から唱えられるEscapeがキモになってきそうです。

アショク

Ashiok, Nightmare Muse

+1で生物出せて、-3で盤面に触れて、-7で相手の追放領域から3枚タダで唱えられるPW

そこそこ強いと思います。

相手の手札がない際は、-3が土地以外なんでも触れる除去になるので、ハンデスと相性がよさそうです

奥義はこのカード以外の能力で追放されたカードでもよさそうなので、灯争大戦アショクはもちろん、白を足して《拘留代理人》や《牢獄領域》での追放とも相性が良いかもしれませんね(管理人のルールミスの可能性あり)

牢獄領域

初期忠誠度が5と-3から入ったら《ショック》で落ちるので、丁度いい調整だと思います。

エイスリオス

Athreos, Shroud-Veiled

トリシンで信心が稼げて、且つCIPでパーマネントに触りつつ、死亡時効果エンチャントかアーティファクトを手札に戻す《暁の騎兵》にカウンターを乗せてゾンビ状態にすると楽しいことできそうな気配です

暁の騎兵

相手のクリーチャーにカウンターを乗せて《予言された壊滅》でこっちに引っ張ってくるのもエグイですね。自分のサクる予定のクリーチャーに乗っけるのもありです。オーバーキル感ありますが

予言された壊滅

信心を稼げる『エルドレインの王権』で収録された4マナハイブリッド生物たちは注目されるかもしれませんね(カードパワーは残念かも)

秘儀術師のフクロウ

基本土地

土地の概念が良く分からなくなります(テーロスの世界観に疎い管理人の知識不足説アリ)が、管理人的には好みですね。

次のプレビューが楽しみです

テーロス還魂記 新規エキスパンション
ramuzaをフォローする
MTGアリーナ デッキ紹介サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました