『テーロス還魂記』プレビュー #5 (12/29~31公開カード) 赤の神、占術土地など

エルドレインの王権
この記事は約3分で読めます。

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

12/29~31の間に公開されたカード達(31公開のカードについては一部)について触れていきます。ほぼ管理人の妄想です

Gallia of the Endless Dance

Gallia of the Endless Dance

速攻持ちのサテュロスロード

ロードで伝説というのは気になりますが、速攻付与までついてます。

“3体以上でアタック時”の能力を活かしたい。速攻を付与出来るので、サテュロスで《軍勢の戦親分》や《空騎士の先兵》的なカードが出てくれると嬉しいですね

空騎士の先兵

普通のグルールに2枚ぐらいさしてもいいかも

ソース: Ramin Djawadi

Tymaret Calls the Dead

Tymaret Calls the Dead

総7枚(6枚+自身の1枚)の墓地肥やしをしてくれるエンチャント

コンスタントにゾンビを出したいなら、デッキ構築の段階でクリーチャーとエンチャントの割合を考える必要がありそうです

黒シングルシンボルなのは偉いですね。墓地肥やしが求められるデッキにそこまで無理せずに入れられます

エンチャントであり、ゾンビを出せる《戦慄衆の侵略》とは相性がいい?

戦慄衆の侵略

ゴルガリにして前回紹介したカードと共に墓地を肥やせますね

The Binding of the Titans

墓地参照の《腐れ巨人》なんかは雑に相性よさそう

腐れ巨人

ソース: Wizards of the Coast Facebook page

占術土地

占術土地

説明不要かな。揃いましたね

ソース: ChannelFireball

Underworld Breach

Underworld Breach

悪さしそうなデザイン。墓地の枚数さえあれば、唱えても追放されないので同ターン中に同じカードを使えるのがやばそう

赤単で雑に数枚入れても強そうだけど、どうなんだろう

終了ステップの開始時なのでスタックにのせて、《荒野の再生》で楽しめるかも

荒野の再生

注目カードですね

ソース: Commander’s Brew

Kunoros, Hound of Athreos

Kunoros, Hound of Athreos

《墓堀りの檻》内蔵の能力もりもりクリーチャー。墓地利用デッキがどれだけ出るか、オルゾフのデッキの完成度など、環境次第ですね

墓掘りの檻

ソース: dogdog

Nyx Lotus

Nyx Lotus

信心分のマナを出す、アーティファクト。《ビヒモスを招く者、キオーラ》や《多用途の鍵》で悪用したいところ

多用途の鍵
ビヒモスを招く者、キオーラ

ケシスが3色だし、タップインということで、《モックス・アンバー》のようにケシスの相棒になるのはきついかな

隠された手、ケシス

ソース: GabySpartz

Purphoros, Bronze-Blooded

Purphoros, Bronze-Blooded

4ターン目《創案の火》から5ターン目これと《炎の騎兵》で信心達成から一緒に走り出す神

炎の騎兵

起動型効果とは《猪の祟神、イルハグ》が相性良いですね。速攻付与で攻撃誘発が起きるうえ、エンド時死んでもまた還ってきます

猪の祟神、イルハグ

《アイレンクラッグの妙技》も入れて《炎の大口、ドラクセス》や《隕石ゴーレム》を入れたビッグレッドなんてのも楽しそうです

炎の大口、ドラクセス

良いカードですね

ソース: Grzegorz “Urlich” Kowalski

今日はこのぐらいにしておきます。3日おきの予定でしたが、油断していたらどう考えても追いつけないプレビューペースになってきたので、明日から毎日プレビュー記事をあげるつもりです。ひとまず追いつきたい

エルドレインの王権 新規エキスパンション
ramuzaをフォローする
MTGアリーナ デッキ紹介サイト

コメント

  1. 名無しさん より:

    あけましておめでとうございます
    いつも記事楽しみにしています
    無理しないペースで頑張ってください 応援しています

タイトルとURLをコピーしました