『テーロス還魂記』プレビュー #8 日本語名公開済み(2020/1/4)の白、青、黒のカード

テーロス還魂記
この記事は約5分で読めます。

今回は日本語名が公開されている中(記事作成段階1/4)で、白と青、黒のまだ紹介していなかったカード達です。ほぼ管理人の妄想となってます

『テーロス還魂記』
The Card Image Gallery is updated every day with the latest card previews. Theros Beyond Death releases on January 24, 2020.

流星の執政官

流星の執政官

飛行4/4と無視できない本体に死亡時誘発を備えた生物

《テイサ・カルロフ》と”死後”クリーチャー、エンチャント《神聖な訪問》でなんか楽しいことできそうな予感

テイサ・カルロフ
テイサはやりすぎかな
神聖な訪問
腐れ蔦の再生
エンチャントだけど、色を足すほどではないかな

もちろんクリーチャー・エンチャントも引っ張ってこれるので、《埋葬布を纏う者、エイスリオス》も相性よさそう

埋葬布を纏う者、エイスリオス
墓地に落ちるかは不明

《天井の赦免》も引っ張ってこれますね

天上の赦免

6マナと重いですが死亡時手札でなく、場に戻すのは非常に好印象です

メレティス誕生

メレティス誕生

白よりのコントロールにおいて、ライブラリ圧縮と共に、土地、防衛トークンさらにライフゲインで序盤を安定させてくれるカード

ブン回りアグロ相手でも全除去まで間に合わせてくれそうです

ケイヤの怒り
王国まといの巨人
時の一掃

自分が赤単使ってたとして、このカードが出てきたらめっちゃきついと思うので強いカードだと思います

しかし、コントロール対決ならばほぼノイズなので環境次第ですかね

防衛トークンをコスト的な観点で捉えるとアグレッシブなデッキでも使用可能かもしれません

骨への血
悪ふざけの名人、ランクル

恭しき重装歩兵

恭しき重装歩兵

《太陽に祝福されしダクソス》やリンデンなどのプレイアブルな信心用カードは多いので見た目以上に強そうです

太陽に祝福されしダクソス

しかし、”トークンが横並び”とロクソドンや《議事会の裁き》のような“召集”持ちカードと使いたいスペックの割にはマナコストが重いのが致命的で”信心”は信頼性に欠けます。

議事会の裁き

《神聖な訪問》から使って天使3体出しますかね

神聖な訪問

アショクの消去

アショクの消去

先行で相手のキーカード《創案の火》などを消せたらめちゃ強いけれど、他の軽量カウンターを用いたほうが良いですね

創案の火

一方、カウンターだらけのデッキに対し相手がサイドインしてくると思われる《変容するケラトプス》や《目覚めた猛火、チャンドラ》を機能停止できるのは偉いですね。サイドボードとして枠があるかも

変容するケラトプス
ゲーム3などこちらが先行の場合、サイドイン
目覚めた猛火、チャンドラ

4マナと重いので、先行時と後攻時で大きく評価が変わってくるカードだと思います。個人的には評価低めです

垣間見た自由

垣間見た自由

脱出コスト(追放枚数)が重いけれど、インスタントであり、脱出からのドローは可能性を感じますね

必然的にマナを立て、使ったら墓地の火力やカウンターが多いイゼットフラッシュのようなデッキとは相性良いかもしれません

イオン化

海の神のお告げ

海の神のお告げ

占術2からのドローは有効牌を引き込みやすいのでナイス。

瞬速で隙が無いので、マナを立たせて動いていくフラッシュ系デッキはもちろん、エンチャントなのでエスパースタックスともちろん相性が良いです。1回限りといえ、3マナ起動も《ヴァントレス城》より1マナ軽いと考えたら超優秀です

屋敷の踊り

ジェスカイファイアにも入りうると思います。

創案の火

コモンでいいんでしょうか。めっちゃ強い気がします

有刺カサゴ

有刺カサゴ

面白いカードですね。毎ターンほぼ一回制限なのは残念ですがコントローラーの制限がなく、アンタップもできるようです。タップでマナを出す系が思い当たりますが、相手ターンなのがネックですね

グレートヘンジ
ニクスの睡蓮

悪いことできそうですが、管理人の乏しい妄想力じゃ思いつきません。

万呪文の達人
真っ先に思いつきましたが、生き残らないし弱い

波破りの海馬

波破りの海馬

強そうなのですが、3マナタフ2はやっぱり気になってしまいますね。《真夜中の死神》のように最低限の仕事をしてくれるわけでもありません。素だしクリーチャーなのでフラッシュ系デッキでもきつそうです。

真夜中の死神

《有刺カサゴ》しかり、相手ターンに初めて唱えるたびシナジーがあるのならば《予期の力線》の出番かな

予期の力線
エンチャント対策も環境にありそうだし、うーん弱そう

《選択》や《海の神のお告げ》、《垣間見た自由》、《急進思想》から2ドロー可能なので、エルドレインの2枚目デッキとはそこそこ相性良いのかもしれません

選択

甘美な忘却

甘美な忘却

脱出での4マナソーサリーは盤面に何の影響もないので相当悠長ですが、ライブラリアウトデッキで最後の一押しに使えそうかな

ディミーアリアニのような墓地を活用するが、リアニする生物はほぼ決まっていて、それ以外は大体ノイズというようなデッキでは墓地においておいたら活用の余地があるかもしれません。

裏切りの工作員

死の国への引き込み

死の国への引き込み

たった2つの信心で、黒ダブルの2マナインスタント除去になります。

もちろん入るデッキは選びますが、普通に強そう。

最後の死

最後の死

“脱出”で死の国から出ていっても最後はこうなる(追放)のですね

フレーバー的にナイス

コモンなのでリミテッドで見ることになると思います

ファリカの落とし子

ファリカの落とし子

素だしの状態ではバニラで、“脱出”することで相手にクリーチャーをサクらせます

脱出コストが比較的安い(追放枚数)のでゲームが長引くと厄介なクリーチャーであるのは間違いありません

デッキの軸になるようなカードではないと思いますが、ルーティングや墓地肥やしで素だしの段階はスキップできるようなコントロール寄りのデッキで添えるように採用されるかもしれませんね

明日は赤、緑、多色予定。余談ですが、ドミナリアドラフト始まってます。

テーロス還魂記 新規エキスパンション
ramuzaをフォローする
MTGアリーナ デッキ紹介サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました