『テーロス還魂記』リミテッドセットレビュー:未紹介分(LUIS SCOTT-VARGASプロ)【管理人雑翻訳記事】

テーロス還魂記
この記事は約14分で読めます。

管理人の怠惰により間が空いてしまいましたが、前回青編の続きです。全カード分、訳すのは管理人の力量(+時間)的に無理があったので、各色トップコモンBest5評価4.0以上のものについての翻訳を置いておきます。

その代わりLUIS SCOTT-VARGASプロの全カード評価をまとめたスプレッドシートを作成したので、自分の評価などと比べたりして楽しんでみてください。

黒:ソース

赤:ソース

緑:ソース

多色、無色:ソース

翻訳開始

黒編

コモンTOP5

1.ぬかるみの捕縛

ぬかるみの捕縛

リミテッド:3.5

憎しみの幻霊》がこれを考えてよだれを垂らしています、まあみんなそうかな。2マナで多くのクリーチャーを対処、もしくはデカブツを弱らせることは素晴らしく、これは疑いようなく黒のベストコモンです。

2.最後の死

最後の死

リミテッド:3.5

除去にケチをつけるもんではありません、インスタントでなんでも除去でき、そうそれは追放です。そうです、少し不格好になるかもしれませんがこれを抜くことはありえなく、タッチするほどのカードです。

3.毒の秘義司祭

毒の秘義司祭

リミテッド:3.0

秘儀司祭を抜くことは考えずらいです、なにものともトレードに持ち込み、墓地肥やしにも貢献します。これはバットリと組み合わせることで、戦ったものすべてを倒すので、非常に輝くクリーチャーでもあります(《記憶からの束縛》はとりわけ優れたコンボに見えます)。

4.死の国の突撃馬

死の国の突撃馬

リミテッド:3.0

どんなデッキにとっても脅威となるので、この評価は攻撃的にいきたいデッキを前提としています。最初は優れたアタッカーとして出てきて、やられても秒で還ってきます、これはアグロにとって理想的なカードです(コントロールでは採用不可能)。

5. 不協和音の笛吹き

不協和音の笛吹き

リミテッド:2.5

フレーバーテキストによると、こいつ”Closing Time”を歌っているようだ、ひとたび彼がはじめると他の全てのサテュロスや飲んだくれたちが呻き声を上げるのが想像できます。カードとしてはとても優れていて、2つ分のサクリ餌を用意できると同時に、普通に許容できる2マナ生物でもあります。

総括

黒は複数の素晴らしい除去呪文、ナイスなクリーチャー、そして優れたシナジーのカードがあります。良い色のように思えますが、赤と緑についても見ていきましょう。

4.0以上

死の国への引き込み

死の国への引き込み

リミテッド:4.0

(ほとんどの場合)対象制限なし2マナインスタント除去は高評価です、3,4マナ必要になったとしても非常にナイスなカードです。タッチするほどとは言い難い、つまり結果として黒信心ぎみなデッキに入ることになるでしょう。

食らいつくし

食らいつくし

リミテッド:4.0

これもスナックのように見える(#”食べてしまいたいぐらい見た感じナイス”というスラング#)でしょう、厄介なものを追放し、おまけとして諜報1がついています。タッチするほどのカードであるため、安全な早期ピックでありほぼいつも入れることになるでしょう。

荒涼とした心のエレボス

荒涼とした心のエレボス

リミテッド:4.0

エレボスは今回とても強力な置物能力を持っており、選択権があることが気に入っています(そうでなければかなり危険です)。これはとても構築向きなカードで、サクリファイスデッキを信じられないほどよくするでしょう(これ+《不協和音の笛吹き》2体と対峙することを想像してみてください)。ドラフトとなってくると上手く使うために多くのクリーチャーが必要となるので、うまく機能しないかもしれませんが、機会があれば早期にピックするでしょう。

エレボスの介入

エレボスの介入

リミテッド:4.0

こういった類の全ての黒除去スペルは高評価です。マナさえあれば、どんな脅威も対応可能であり、腐りません。X点ゲインもよいおまけであり、5マナ以上をこれに注ぎ込むのはとても価値があるでしょう。確率として5%ぐらいで墓地から追放したいと思うでしょう、それに使うことはレアかもしれませんがあると便利なオプションです。

墓破りのラミア

墓破りのラミア

リミテッド:4.0

これを”壊れ”とはいいませんが、ほとんどの場合これをパスするのは間違いです。自身本体+デッキのベスト”脱出”カードを持ってきて、それを安くさえもしてくれるというコストパフォーマンスに優れたクリーチャーです。もしこれを取れたなら、少なくとも2枚の”脱出”カードをドラフトするようにしてください、それは困難なタスクではないでしょう。

悪夢の番人

悪夢の番人

リミテッド:4.0

4/4飛行+メリット能力の時点で高評価であり、このメリット能力はとりわけ優れています。ナイスなETB能力持ち、死亡誘発持ちをサクることでとても大きな価値を創造することになります。大きな問題としては、それらが上手くシナジる前にもしかしたら、番人がゲームを終わらせてしまうかもしれないことです。

悲哀の徘徊者

悲哀の徘徊者

リミテッド:4.0

徘徊者は馬鹿げたカードで、構築やリミテッドで使うことを楽しみにしています。どんなデッキでも機能しますが、サクリファイスデッキではとんでもないです、これが出てきたとしたら出来る限りRBサクリファイスデッキにしようと試みるでしょう。サクリに付加価値を生むだけでなく、相手の除去スペルやネガティブオーラをフィズらせ、でっかく還ってきます。

赤編

コモンTOP5

1.イロアスの恩寵

イロアスの恩寵

リミテッド:3.5

4マナ4点は上出来で、+1/+1のオーラを残します。機を見たバウンスや除去で着地を妨害されてしまうと、すなわち4点も入らなくなるので、十分な警戒が必要です。

2.鍛冶の神のお告げ

鍛冶の神のお告げ

リミテッド:3.0

2マナ2点は許容範囲であり、サクリ、エンチャントそして占術2の間で多くの付加価値を生みます。お告げサイクルがいかに今セットのテーマを助けるのかについては本当に気に入ってます。そして一緒にプレイすることを楽しみにしています。

3.混乱したサイクロプス

混乱したサイクロプス

リミテッド:3.0

ディフェンシブなデッキで採用しようとすると高評価ではないですが、アグロデッキやパワー4以上テーマと合わせると非常に強力です。それがこれを堅実なコモンにしてくれていて、これをブロックが必要なデッキで採用するべきではないことに注意してください。

4.焼夷神託者

焼夷神託者

リミテッド:2.5

火を吐くクマなら十分で、”脱出”クリーチャーの妨害をすることさえあります。占い師になるまでもなく、これが多くプレイされそうなのはわかります。

5.最期の噴炎

最期の噴炎

リミテッド:2.5

ほとんどのデッキで1枚目のこのカードは高評価ですが、複数枚になるとこれを活かそうとしないかぎり、悪化します。十分にエサを用意したうえで、これを数枚採用すると、デカブツを対処するのに一役買ってくれるでしょう。

総括

赤にありがちなように、赤のコモンは落差が激しいです。これは赤がどれだけシナジーを重視しているかを表しています。トップ2枚のコモンを除くと、あなたがどのカードを望むかはデッキをどの方向性に持っていきたいのか次第であり、それはカード本来の力以上を発揮します。

4.0以上

アゴナスの雄牛

アゴナスの雄牛

リミテッド:4.0

カーブのトップとして採用すると、新たなハンドをもたらしてくれるので、リアルに荷物番です。ゲーム終盤は還ってくることも。1,2枚捨てることになってもそれは”脱出”のタネになるので、それほど悪くなく、どんなデッキでも輝けるように見えます(手札をすぐカラにできるので低マナ帯で固めたデッキでは最高です)。

灰のフェニックス

灰のフェニックス

リミテッド:4.0

フェニックスは非常に速いクロックを刻み、対処されたとしてもすぐに2回目(3回目)と噛みついていきます。パンプ能力なしでも優秀であり、パンプ能力はこのカードをワンランク上へ押し上げています。数回のパンチで相手を倒したり、何かとトレードになることは3マナカードの鏡です。これをプレイする際に”dat Ash”(#dat Ass(あの大馬鹿!!)と掛けているのだと思う。#)と言う必要はありませんが、ご自由に。

パーフォロスの介入

パーフォロスの介入

リミテッド:4.0

介入は優れたカードです。倒したいクリーチャーを優れた還元率で倒してくれます(だいたい3,4マナ)。そしてゲームを終わらせに行くときはでかいエレメンタルを出すことが出来ます。タッチしてもいい程のカードであり、安全な早期ピックとなります。

地盤の巨人

地盤の巨人

リミテッド:4.5

巨人は素晴らしい。相手が対象にしたことを罰するだけでなく、毎ターン攻撃するたび素晴らしい価値を提供してくれます。カードは次のターンのエンド時までなので、使用までには長めの猶予があることを覚えておいてください。これはアタッカーであり、序盤であれ終盤であれ最も恐ろしいカードの中の1枚です。

緑編

コモンTOP5

1.戦茨の恩恵

戦茨の恩恵

リミテッド:3.5

多くの場合、価値を残す除去呪文として機能し、エンチャントであることがさらに評価を上げます。それ自体のメリットと多くの付加シナジーにより、みてきた中で最も強力な格闘カードの1つです。

2.イリーシアの女像樹

イリーシアの女像樹

リミテッド:3.0

2マナのマナクリはいつも高評価であり、これはほとんどのものよりも優れています。好きな色なので、3色以上のデッキを機能させ(2色のデッキでの色矯正にも)、難しくない条件で2マナをだすこともできます。このカードはお気に入りであり、喜んで早期ピックします。

3.毒々しいキマイラ

毒々しいキマイラ

リミテッド:3.0

キマイラは私の中で評価が上がっていきました。パワー4以上のシナジーをとても低コストで実現するだけでなく、喜んでトレードを行い(それは実に容易です)、”脱出”で戦場に低コストで戻すことも出来ます。これは良い物であり、あらゆる類のデッキで仕事をしてくれるでしょう。

4.大食のテュポーン

大食のテュポーン

リミテッド:3.0

テュポーンは4マナ時点で素晴らしく、7マナで出すとバケモンになることが、このカードをとてもナイスにしています。緑でこれを欲しがらないデッキはなく、墓地肥やしやパワー4以上シナジーがあります。

5.セテッサ式訓練

セテッサ式訓練

リミテッド:3.0

セテッサ式が大好きです。”英雄的”を誘発させ、”星座”、”信心”、そしてパワー4以上といったメカニズムと一緒に採用できるカードになってます。控えめなカードに多くが詰まっているので、多くの人は高く評価していないように思います。

総括

緑には素晴らしいコモンが揃っていて、《自然への回帰》《執拗な探求》はこのリストの全てと同等くらいのものです。恵まれてはいますが、他のカードについてはあなたがどんなデッキを作ろうとしているのか次第なカードとなってます。《セテッサ式訓練》と《毒々しいキマイラ》を高く評価していますが、私にとってうまく機能したということなので、みなさんがどう思うか気になります。

4.0以上

終わりなき巣網のアラスタ

終わりなき巣網のアラスタ

リミテッド:4.0

アラスタは絡み合った巣をかけます、相手は一度捕まるとこちらを倒すのに苦労するでしょう。セットレビューはとうとう私がプレイした、もしくは使われたカードまで来ていて、アラスタは一流のディフェンダーではあるが、ゲームをそれ自体では終わらせられないということを残しておきます。UBで全てスペルデッキ使用時に、これを出されましたが大半のクモを無視し、相手のデッキをカラにしました。ゆえに、フィニッシュ手段は用意しておいてください(これによりそれを探してくる余裕はあります)。

セテッサの勇者

セテッサの勇者

リミテッド:4.0

構築向けカードですが、機能させるのが難しいものではありません。これが死ななければ相手は確実に倒れます。勇者が着実にドローをさせてくれると共に、盤面を有利にしてくれるからです。カードを引く、それがまたエンチャントを呼び、さらに…と雪だるま式にもなります。

多色、無色編

4.0以上

悪夢の詩神、アショク

悪夢の詩神、アショク

リミテッド:5.0

アショクは全てをこなします。めちゃくちゃにして短いターンで勝利します。-3能力は飛行持ちやデカブツから最低でも1ターン守ってくれ、相手のハンドがない場合は追放除去となります。+1能力はアショクが忠誠値を貯めるのに使えるブロッカーを出し、そしてそれはブロックした場合でも相手のライブラリトップ2枚を追放するということを覚えておいてください。奥義は普通に実現可能で、あるドラフトでは結局奥義を2回使用しました。それはアショク自身が追放したものだけでなく、トークンが追放したものも選択できるので、しばしば3枚の強力なスペルとなります。このように、アショクは今セットのベストカードの1枚です(推定では3番目)、タッチすることも出来るので使わないことはめったにないでしょう。

半真実の神託者、アトリス

半真実の神託者、アトリス

リミテッド4.0

アトリスは少しの心理戦となりますが、ほとんどの場合、2枚の束を評価できます。表向きの束が欲しいものをくれますか? 違うのなら、裏の方を欲しい物なら、そちらを取ります。3枚なので、2枚の表向きの微妙なスペルが積まれたとしても、裏の1枚は土地かもしれないので、だまされないでください。同様のカードにおける過去の経験から、隠れた束を人は取りたがるため、結果として表向きの束のほうに少しだけ重みづけをすることが可能です。みんなブラックボックスの中身が知りたいのです、それが救いになるかもしれないと。これは3/2威迫で最低でも1枚引けることを考えると、とても良いピックだと思います。

青銅皮ライオン

青銅皮ライオン

リミテッド4.0

ライオンは序盤に展開でき、起動効果を持っているためブロックされません(スタッツが同列の場合)。後でも、ブロッカーとして活躍してくれるので、ゲームのどのタイミングでも腐りません。死んだときもナイスなおまけがあり、総合的に高評価になっています。

夢さらい

夢さらい

リミテッド:5.0

伝統的に6マナ5/5飛行はボムに近いレベルであり、特に他の1~2つの能力を持っていればなおさらです。これは絆魂の時点で、ライフレースを拒否できるので、その領域に入っています。ドローカードはさらに評価を押し上げます、毎ターン追加のドローを出来ることは、これと並行して、異なる弾を装填できるからです。楽しみはここでとどまりません、実際にこれを”夢”にしているのは兎も角、呪禁を持っていることです(起動するとタップすることになったとしても)。つまり、この絆魂でカードドロー付きの飛行クリーチャーは除去でも死なない? オーケー、これはボムだね、キオーラ以外にこれ以上のカードはありません。

無傷のハクトス

無傷のハクトス

リミテッド:4.0

ハクトスは振れ幅の大きいカードですが上振れの時、下振れ時より遥かに優れています。相手が適切なマナのカードを持っていない場合、もしくはこちらがハクトスをねじ通す除去を握っている場合、数ターンで決着がつくでしょう。採用するとなると、2マナクリーチャーとトレードになるかもしれませんが、ゲーム勝利における多少のリスクはつきものです。ハクトスは敵味方問わないことに注意してください。適切なマナコストでないと、パンプスペルで対象に取ることはできません。

運命の神、クローティス

運命の神、クローティス

リミテッド:4.0

これは信心を必要としない神です。多くのゲームにおいてクローティスは毎ターン2点ドレインマンと化し、これは重要なクロックです。クリーチャー化することもあるかもしれませんし、そうなった場合はすでにできていますが、本当に必要なのは墓地にカードを落とすことです。そしてそれは高いハードルではないです。

死の飢えのタイタン、クロクサ

死の飢えのタイタン、クロクサ

リミテッド:4.0

赤/黒デッキにとって墓地にカードを5枚貯めることは難しいタスクではないので、クロクサは少ない労力で相手を困らせます。脱出なしでもディスカード効果自体は誘発するので、2マナで出しても1枚交換となります。一度これを出される不幸を経験し、そこに可愛さはなかった。

鎖を解かれしもの、ポルクラノス

鎖を解かれしもの、ポルクラノス

リミテッド:5.0

迅速にこれをバックアップしてあげてください! スタッツお化けで登場し、対処された後も還ってくるので、PolyKバージョン2は初期型よりもとりあえず厄介な類になっています。PolyKバージョン2はだいたい2体ぐらいと格闘して死んでいくので、少なくとも死にやすくはなってます。しかし、みなさんご存じの通り、そこで終わりではありません。2回目の降臨は暴走し、多くのものを倒してしまいます、そのうちの1つは対戦相手。このカードはばかげていて、タッチするべきであり、脱出できるように集中することになるでしょう。

自然の怒りのタイタン、ウーロ

自然の怒りのタイタン、ウーロ

リミテッド:4.5

クロクサよりも高評価です、なぜなら探検+3点ゲインはディスカードよりも優れており、さらにはドローカードは脱出の燃料ともなるからです。相手が回答を持っていない場合、すぐに負けですし、持っていた場合でもあなたは3対1交換以上を手にすることでしょう。それは勝利の方程式であり、これをパスしたくはありませんね。

LSV事前評価早見表

元ファイルは閲覧のみですが、コピーしてから使うことで編集することも可能です。

テーロス全カード分の行があるので、違う用途に使ってもお好きなように

『テーロス還魂記』リミテッドセットレビュー:(LSV) - Google ドライブ

前回と同様、ブロールがよっぽどやりたいのでなければ、開催中のブロールイベントの報酬《空召喚士ターランド》は6パック剥きつつ、レアWCで作成してしまう方がお得です。

テーロス還魂記 新規エキスパンション 翻訳記事
ramuzaをフォローする
MTGアリーナ デッキ紹介サイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました